>

PR

ウィークリーマンション リブマックス
キーワード検索
検索

※市区町村名、路線名、駅名、物件名などから検索できます。

更新日:

リフォームや建て替え時は2回引っ越しが必要!仮住まいや荷物はどうする?

自宅のリフォームや建て替えの際には、家具などの荷物も他の場所への一時的な移動が必要な場合があります。

自宅を空にしなければならなず、引っ越しが必要になるケースも。

リフォームや建て替えが完了したら、再び荷物とともに戻るため、2回引っ越しすることになります。

本記事では、リフォームや建て替えの際の仮住まい探しや荷物の扱いについて、どのような方法があるのかを解説します。

目次
  1. 仮住まいに引っ越しするとき荷物はどうする?
    1. 荷物の仕分けをして不用品の処分を検討してみる
    2. トランクルームなどへ一時的に預ける
  2. 荷物の預かりサービスがある引っ越し業者を検討してみる
  3. 仮住まいは基本的に短期の契約!早めに探そう
  4. 仮住まいとしてマンスリーマンションを選択肢に入れるのもアリ!

仮住まいに引っ越しするとき荷物はどうする?

まずは、荷物についてです。仮住まいへ引っ越しする際の荷物の扱いについて解説します。

荷物の仕分けをして不用品の処分を検討してみる

通常の引っ越しの際には、回収業者などに依頼し不用品を処分する家庭も少なくありません。

リフォームや建て替えも、不用品の処分にはよい機会となります。納戸にしまってあるものや何年も使用していないものについては、思い切って処分するのもよいでしょう。

リフォームなどの際の仮住まいは、あくまでも一時的なものです。しかし、荷物の仕分けを行い、持っていくものを絞ることで身軽になり、2回の引っ越しもしやすくなります。引っ越しそのもののコストも抑えられるでしょう。

また、不用品の中に買取可能なものがあれば、専門業者へと依頼し現金化も可能です。そこで得た現金を引っ越しやリフォーム、仮住まいの費用などに活用することもできます。

トランクルームなどへ一時的に預ける

処分できないものやリフォーム・建て替え後に必要な家財道具などは、一時的にトランクルームへと預ける方法もあります。

リフォームや建て替えに必要な期間のみレンタルするとよいでしょう。トランクルームは屋外型と屋内型とに大別できます。

屋外型はトランクルームのすぐそばまで車で荷物を運べる点がメリットです。大容量のトランクルームも多く、家財道具などを預けるのに最適といえます。

短期間であれば、預けた荷物の状態も特に問題とはなりません。心配であれば、通気口が設けられていたり断熱材が使用されていたりするトランクルームを選択しましょう。

屋内型はセキュリティ面にメリットがあります。荷物の中でも貴重品などに関しては、屋内型のトランクルームを選択すると安心です。特に高価な衣類や書籍などは屋内型に預けると、湿気や高温による劣化などを心配せずに保管できます。

また、利用期間もサービスごとに異なるため、リフォームや建て替えに最適な期間で借りられるトランクルームを選ぶ必要があります。料金プランもさまざまなので、預ける荷物や期間も考慮しつつニーズに合ったサービスの使い分けがポイントです。

荷物の預かりサービスがある引っ越し業者を検討してみる

仮住まいへと移動する際には、多くの家庭で引っ越し業者へと依頼することになるでしょう。引っ越し業者によっては、荷物の一時的な預かりサービスを実施しています。

そのような業者を選択すれば、仮住まいのスペースを最小限に抑えることが可能です。仮住まいで大きな家具などを設置する手間も省けるため、労力をかけずに生活がスタートさせられるメリットもあります。

荷物の預かりサービスのある引っ越し業者は少なくありません。ただ、業者ごとにサービス内容は異なります。地域や時期によっては一時預かりサービスの利用が不可な業者があったり、引っ越し業者が別の提携業者を紹介し荷物の預かりサービスを行っていたりなどさまざまです。

もし、ニーズに合致する業者やサービスが見つかれば、積極的に利用してみましょう。

仮住まいは基本的に短期の契約!早めに探そう

リフォームや建て替えの際の仮住まいは、基本的に短期間での契約となります。

通常の賃貸物件は最低2年の契約期間となっているケースが多く、短期の契約は断られることも少なくありません。期間だけではなく、場所や賃料など条件の合う物件を探すのは簡単ではなく、見つかるまでに時間がかかるケースも多いでしょう。

工事が始まる日までに見つけ引っ越しも完了させておかなければならないため、早めに探し始めることが重要です。

仮住まいとしてマンスリーマンションを選択肢に入れるのもアリ!

マンスリーマンションやウィークリーマンションであれば、短期からの利用が可能です。

通常の賃貸物件とは異なり、敷金や礼金、仲介手数料はかからないため初期費用も抑えられます。また、基本的な家具や家電が備わっており、家財道具をトランクルームへ預けても、すぐに生活がスタートさせられます。

リフォームや建て替え時の仮住まいを探す際には、マンスリーマンションやウィークリーマンションも検討してみましょう。

おすすめ記事はこちら

1泊2日の国内出張!必要な持ち物や荷物を準備するときのコツは?

更新日:

記事を読む

リンク

単身赴任におすすめな間取りの広さは? 1R・1K・1DKの違いを解説!

更新日:

記事を読む

リンク

社宅に引っ越したら住民票を移すべき?移さないと問題はある?

更新日:

記事を読む

リンク

ウィークリーマンションのゴミ捨ては自分でやらないとダメ?

更新日:

記事を読む

リンク