PR

ウィークリーマンション リブマックス
キーワード検索
検索

※市区町村名、路線名、駅名、物件名などから検索できます。

賃貸で住み替えを考えている方へ

新しいお部屋の借り方をご提案

このページでは、住み替えの可能性がある方にウィークリーマンションと賃貸というお部屋の借りわけについてご説明いたします。

住み替え

単身者賃貸の現状

賃貸といえば、単身者用の賃貸市場は 1年の中で2〜3月、4月とピークを迎えます。
通常、1人暮らしを始めるにあたっては、お部屋を借り、家財道具などを買い揃え引越しをします。その地域の周辺情報をよく知らない状態で新しいお部屋での生活を一旦始めると、近隣がうるさい、駅からの帰り道が暗いなど問題が発生します。
大学や勤務地などの目的地へのアクセスがよいからと急いでお部屋をきめてしまうと以上のようなことがあります。

入居してみたけど、実は引っ越したい。我慢しなければいけない状態になっている方が多くいます。
その理由として、経済的な問題があげられます。お部屋を借り替えるとすると、また敷金・礼金・仲介手数料などのまとまったお金が必要です。

仮に東京都内で8万円の賃料の部屋に住み替えようと思えば、引越代も含めて約50万円もの費用がかかるのが現状です。

ケース大学生の賃貸生活の1例

1つの例として東京の大学に入学がきまり、1人暮らしを始めるとします。
また、大学によって異なるかと思いますが、学年によって通学するキャンパスが違うことがあります。1〜2年生時は埼玉のキャンパスに通い、3〜4年時は東京のキャンパスに通学などです。そして卒業後は地元で就職したいと考えるとします。

大学生の賃貸生活

トータル4年間の1人暮らしで、引越しが1回あり賃貸契約する際の初期費用を支払う機会が2回あります。地元にて就職するのであれば、4年間使用した家具家電も不必要になり保管や家電を破棄する際はリサイクル料をしはらわなくては成りません。
そこで提案したいのが、最初から賃貸住宅ではなく、ウィークリーマンションを借りるという選択です。

住み替え費用ゼロ!
ウィークリーマンションを利用すると実はこんなにおとく!

ウィークリーマンションは、敷金・礼金・仲介手数料が不要ですので住み替えにかかる初期費用が不要です。また、自分で家具を揃える必要がないので引越費用もかかりません。住みたい期間だけ住んで、気が変われば簡単に他の物件に住み替えられるという気楽さがウィークリーマンションにはあります。

ウィークリー賃貸という考え方

ウィークリーといいますと、週単位での契約を想像しますがウィークリーマンションでも長期の契約は可能です。物件を検索していただくとスーパーショート、ショート、ミドル、ロングという料金体系になっています。

契約期間に応じて賃料は安くなっていきます。7ヶ月以上の契約の場合はロングの料金になります。一旦契約しても1ヶ月前予告で途中解約できるケースもありますので、気軽にお部屋を借りることができます。
まずは1ヶ月お試し賃貸でウィークリーマンションを借りて、気に入ったら長期の再契約(延長)することも可能です。

お部屋の賃貸契約は2年」「仲介手数料、敷金、礼金を払う」のはもう昔のお話です。
入居する人のニーズにあわせて好きな期間の契約を自由に結べる、家具家電もついて引越し不要、敷金礼金仲手000(ゼロゼロゼロ)が新しいお部屋の借り方です。ぜひともこの機会にお気に入りの物件をお探ししてみてはいかがでしょうか。

ウィークリーマンションを探す